思い出シアター

節目のお祝いパーティーを盛り上げる、
思い出の上映会。

自分史ビデオ「思い出シアター」は、主人公となる方のこれまでの人生を振り返る「自分史動画」の制作サービス。

生まれた時から節目となる今日までの人生を、30分〜40分の動画作品にまとめます。

お手持ちの写真や動画と、ご本人が一つひとつの出来事について語る「インタビュー動画」で構成します。

ナレーターによるナレーションを加え、ドキュメンタリー映画のような作品に仕上げます。

お祝いパーティーが盛り上がる!

ご長寿や周年記念などのお祝いの席で、「思い出シアター」は本当に盛り上がります。

主賓の半生、特に幼少の頃からの歴史は、親しく長い付き合いの仲間でさえ、あまり知らないことも多々あります。

また、ご家族や親類の面々には、懐かしいことこの上ない思い出の数々が「思い出シアター」で蘇りますので、皆さんでお楽しみいただけます。

主人公の積み重ねてきた人生の物語を最大限に活かし、自然とヒストリー(歴史)に見入ってしまうような、ヒアリングに基づく自然な構成、演出、編集で、盛り上がる映像作品に仕上げるのが、制作チームの力。

お祝いの気持ちを込め、ご覧になった方々の笑顔や驚きの表情を想像しながら取り組みます。

思い出を上映するのが「思い出シアター」

還暦や古希などのお祝いを、ご家族や親族、親しい仲間でぜひ行なってください。

ご本人が企画しても、ご家族や仲間からの贈り物としても素敵だと思います。

ご自宅でも、レストランやイベントスペースを借り切って、お食事をしながらでも。

メインイベントは、主賓の〝自分史ビデオ〟の上映。

皆様ご着席ください。「思い出シアター」の開幕です!

そして、お祝いの言葉などで、記念の日のお祝いはクライマックスへ。

「人生を振り返る、よてもいい機会」

思い出シアターで自分史ビデオをお作りいただいた皆様のほとんどが、「人生を振り返る、大変いい機会でした」とのお言葉をくださいます。

「こんなことでもなければ、アルバムの写真を探し出すこともなかった」「インタビュー撮影(ヒアリング)の時に、話しながら昔の記憶をどんどん思い出してきた」「人生60年を通して思い出すことなんて、基本的にない」

思い出シアターでは、元の情報となる「自分史年表」をお作りいただきます。

この年表作りを、ご家族で楽しみながら進めていただくケースも多いようで、これもとても貴重な時間となります。

いわゆる終活として、人生の振り返り、いわゆる「自分史」をまとめていらっしゃる方も増えているかと思いますが、「思い出シアター」の制作を通しても、終活同様の振り返りでこれまでの半生をまとめる機会となります。

専用のノートなどで自分史をまとめていらっしゃる方は、それを元に年表をお作りいただけます。

そして、「今の姿」「今の声」を後世に残す、自分史の動画作品が生まれます。

ご長寿だけでない。記念映像

思い出シアターでは、ご長寿のお祝いとしてご利用いただくケースが一番多いですが、「周年記念」でもとてもおすすめです。

個人では、「アーティスト」「作家」「お稽古の先生」など、長年ひとつの道を極めてきた方。

グループでは、「バンド」「楽団」「劇団」「漫才、お笑いグループ」「サークル」など。

いずれも、20周年、30周年、あるいは60周年、70周年など、節目の機会に「思い出シアター」で動画作品にまとめ、記念パーティーを大いに盛り上げてください!

「アップデート」可能な動画作品

思い出シアターの作品を作っていただくのは、人生の節目。

お元気な時に、それまでの半生を一旦まとめます。

つまり、そのあと新たに生活を積み重ねていくことになります。

そこで、一度作った動画作品には、低価格の追加料金のみで追加分を加え、10年後、20年後にアップデートしていただくことができます。

もちろん、周年記念の作品でも、10年、20年と増えていく歴史を追加費用のみで更新していただけます。

オプション

コンセプト
プラン

思い出シアターのプランは、大きく3つ。

内容やご予算に応じて、最適なプランをお選びいただけます。

おすすめは、現在の姿や声を後世に残すことができる、「標準プラン」です。

また、「得ロケプラン」はロケ撮影の日数や完成尺を贅沢に使えるプレミアムなプランです。

選べるプラン

プラン
タイトルとURLをコピーしました